知っていると役に立つ!電気製品を自作する方法

知っていると役に立つ!電気製品を自作する方法

生活に必要な電気製品は自作できる

電気製品は購入するイメージが強いですが、工具と材料さえあれば、自作することも可能です。最近はインターネット等でも自作の方法が紹介されていますし、部品なら店舗だけでなく、通信販売でも購入できます。既製品を購入するよりも安くすむメリットがありますが、初心者だったら、まずは故障して使えなくなった家電製品を捨てる前に分解して、中身がどういう仕組みになっているのか勉強するのも良いでしょう。自作する際は、自分の好みに合わせて自分で使いたい機能だけを選んで取り付けできますが、作業はそれほど難しくなくて、プリント基盤に部品を半田付けするだけです。故障しても自分で修理することができるので、修理を依頼する手間も省けます。

自作できる電気製品とは

例えば、オーディオ製品のスピーカーは、一見自作するのが難しそうですが、自分好みのサイズのスピーカーに仕上げるメリットがあります。既製品にも様々なサイズがありますが、自分の希望に合わせようとすると、なかなか見つからないものです。その点、自作ならサイズも見た目も自由に制作できるので、出来上がった時は、きっと愛着がわいてくると思いますよ。また、音質を自分の理想どおりにすることも可能。もし違っていたら、スピーカーケーブルを交換してみたり、部品を組み替える等の工夫をすれば、より一層音楽を楽しむこともできます。他にも、ラジオや電気スタンド・パソコン等も自作できるので、ぜひ、一度挑戦してみるのをお勧めします。

ほぼ全ての電子製品にプリント基板が使用されますが、プリント基板とは電子部品を載せる板のことです。それに電子部品を取り付けて動作するように設計したのをプリント基板設計と言います

You Might Also Like

Back to top